会員サポート » 各種設定 » メール設定 » Microsoft Outlook 2003

メールアカウントの作成 Microsoft Outlook 2003

※Microsoft Outlook 2003は、Microsoft社のサポート及びセキュリティ更新プログラムの提供が終了しております。
そのためセキュリティリスクが高くなっておりますので、バージョンアップを行うか、最新バージョンへの移行をお奨めいたします。


  1. Microsoft Outlook 2003を起動させ、メニューバーの「ツール(T)」から「アカウント(A)...」をクリックします。
  2. 「電子メールアカウント」の画面が表示されます。
    「新しい電子メールアカウントの追加(E)」を選択して、[次へ]をクリックします。
  3. 「サーバーの種類」画面で「POP3(P)」を選択し、[次へ]をクリックします。 img
  4. 「インターネット電子メール設定(POP3)」画面が表示されます。
    以下のように設定し、「詳細設定(M)...」ボタンをクリックします。
    ユーザー情報
    名前 お客様のお名前
    電子メールアドレス お客様のメールアドレス (例) fujitaro @ [サブドメイン] .7-dj.com
    サーバー情報
    受信メールサーバー(POP3) vpop. [サブドメイン] .7-dj.com
    送信メールサーバー(SMTP) vsmtp. [サブドメイン] .7-dj.com

    ※サブドメイン( r66 / r20 / r15 など)はお客様によって異なります。
    メールの設定項目について をご確認ください。

    img

    ログオン情報
    ユーザー名 メールID
    パスワード メールIDに対するパスワード
    パスワードを保存する チェックをすると次回からパスワードが保存されます
    メールサーバーがセキュリティで保護された
    パスワード認証(SPA)に対応している場合には、
    チェックボックスをオンにしてください
    チェックしない

    ※『メールID』は、インターネットに接続するための『ユーザーID』とは異なりますのでご注意ください。
    メールの設定項目について をご確認ください。

  5. 表示された「インターネット電子メール設定」画面の「全般」タブを選択し、以下ように設定します。
    メールアカウント メールアドレスなどわかりやすい名前にします
    その他のユーザー情報
    組織 お客様の会社名または組織名(個人で使用するときは入力しません)
    返信電子メール 通常は空白のまま※

    ※『返信電子メール』は「メールアドレス」で設定したアドレスとは別のアドレスに返信してもらいたい場合などに設定します。メーリングリストに入っている場合は、『返信アドレス』を設定しないで下さい。設定をするとメールが正しく配送されなくなります。

    img

  6. 「送信サーバー」タブを選択し、以下のように設定します。
    送信サーバ(SMTP)は認証が必要 チェックする
    受信メールサーバーと同じ設定を使用する チェックする

    img

  7. 「接続」タブを選択し、以下のように設定します。
    接続
    ローカルエリアネットワーク(LAN)を使用する ブロードバンド接続、LAN接続などの場合選択します
    電話回線を使用する ダイヤルアップ接続の場合選択します
    モデム
    使用するダイヤルアップネットワーク接続 Outlook 2003を起動したときにダイヤルアップ接続をする設定を選択します
    (ブロードバンド接続、LAN接続などの場合は、選択しません)

    img

  8. 「詳細設定」タブを選択します。以下のように設定し、[OK]ボタンをクリックします。
    受信メール(POP3) 110
    このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(S) チェックしない
    送信メール(SMTP) 25 → 587 へ変更
    このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(C) チェックしない

    img

    サーバーにメッセージのコピーを置く 通常チェックしない

    ※チェックをいれるとメールサーバーに保存されたままになり、メールサーバーに負荷をかけるだけでなく、ご自身で受信される際に時間がかかる原因にもなります。

  9. 「インターネット電子メール設定(POP3)」画面に戻りますので、[次へ]をクリックします。

    img

  10. 「セットアップの完了」画面が表示されますので、[完了]をクリックします。
    以上で、電子メールアカウントの作成は終了です。

    img

メールアカウントの設定 Microsoft Outlook 2003

  1. Microsoft Outlook 2003を起動させ、メニューバーの「ツール(T)」から「アカウント(A)...」をクリックします。

  2. 「電子メールアカウント」の画面が表示されます。
    「既存の電子メールアカウントの表示と変更(V)」を選択して、[次へ]をクリックします。

    img

  3. 電子メールアカウントの一覧が表示されます。
    設定を確認・変更するアカウントを選択し、「変更(C)...」ボタンをクリックします。

    img

  4. 「インターネット電子メール設定(POP3)」画面が表示されます。
    以下のように設定し、「詳細設定(M)...」ボタンをクリックします。
    ユーザー情報
    名前 お客様のお名前
    電子メールアドレス お客様のメールアドレス (例) fujitaro @ [サブドメイン] .7-dj.com
    サーバー情報
    受信メールサーバー(POP3) vpop. [サブドメイン] .7-dj.com
    送信メールサーバー(SMTP) vsmtp. [サブドメイン] .7-dj.com

    ※サブドメイン( r66 / r20 / r15 など)はお客様によって異なります。
    メールの設定項目について をご確認ください。

    img

    ログオン情報
    ユーザー名 メールID
    パスワード メールIDに対するパスワード
    パスワードを保存する チェックをすると次回からパスワードが保存されます
    メールサーバーがセキュリティで保護された
    パスワード認証(SPA)に対応している場合には、
    チェックボックスをオンにしてください
    チェックしない

    ※『メールID』は、インターネットに接続するための『ユーザーID』とは異なりますのでご注意ください。
    メールの設定項目について をご確認ください。

  5. 表示された「インターネット電子メール設定」画面の「全般」タブを選択し、以下ように設定します。
    メールアカウント メールアドレスなどわかりやすい名前にします
    その他のユーザー情報
    組織 お客様の会社名または組織名(個人で使用するときは入力しません)
    返信電子メール 通常は空白のまま※

    ※『返信電子メール』は「メールアドレス」で設定したアドレスとは別のアドレスに返信してもらいたい場合などに設定します。メーリングリストに入っている場合は、『返信アドレス』を設定しないで下さい。設定をするとメールが正しく配送されなくなります。

    img

  6. 「送信サーバー」タブを選択し、以下のように設定します。
    送信サーバ(SMTP)は認証が必要 チェックする
    受信メールサーバーと同じ設定を使用する チェックする

    img

  7. 「接続」タブを選択し、以下のように設定します。
    接続
    ローカルエリアネットワーク(LAN)を使用する ブロードバンド接続、LAN接続などの場合選択します
    電話回線を使用する ダイヤルアップ接続の場合選択します
    モデム
    使用するダイヤルアップネットワーク接続 Outlook 2003を起動したときにダイヤルアップ接続をする設定を選択します
    (ブロードバンド接続、LAN接続などの場合は、選択しません)

    img

  8. 「詳細設定」タブを選択します。以下のように設定し、[OK]ボタンをクリックします。
    受信メール(POP3) 110
    このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(S) チェックしない
    送信メール(SMTP) 25 → 587 へ変更
    このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(C) チェックしない

    img

    サーバーにメッセージのコピーを置く 通常チェックしない

    ※チェックをいれるとメールサーバーに保存されたままになり、メールサーバーに負荷をかけるだけでなく、ご自身で受信される際に時間がかかる原因にもなります。

  9. 「インターネット電子メール設定(POP3)」画面に戻りますので、[次へ]をクリックします。

    img

  10. 「電子メール アカウント」画面に戻りますので、[完了]をクリックします。
    以上で、電子メールアカウントの設定は終了です。

    img

All Rights Reserved, Copyright (C) FUJITSU SYSTEMS APPLICATIONS & SUPPORT LIMITED