... » 各種設定 » メール設定 » SMTP認証/サブミッションポートの設定 » Microsoft Outlook 2002 (Windows)

SMTP認証/サブミッションポートの設定

Microsoft Outlook 2002 (Windows)

※Microsoft Outlook 2002は、Microsoft社のサポート及びセキュリティ更新プログラムの提供が終了しております。
そのためセキュリティリスクが高くなっておりますので、バージョンアップを行うか、最新バージョンへの移行をお奨めいたします。


  1. Microsoft Outlookを起動し、メニューバーの「ツール(T)」から「電子メール アカウント(A)...」を選択します。

    img

  2. 「電子メールアカウント」の画面が表示されます。
    「既存の電子メールアカウントの表示と変更(V)」を選択して、[次へ]をクリックします。

    img

  3. 電子メールアカウントの一覧が表示されます。
    設定を確認・変更するアカウントを選択し、「変更(C)...」ボタンをクリックします。

    img

  4. 「インターネット電子メール設定(POP3)」画面が表示されますので、「詳細設定(M)...」ボタンをクリックします。

    img

  5. 表示された「インターネット電子メール設定」画面の「送信サーバー」タブを選択し、以下のように設定します。

    送信サーバ(SMTP)は認証が必要 チェックする
    受信メールサーバーと同じ設定を使用する チェックする

    img

  6. 「詳細設定」タブを選択します。以下のように設定し、[OK]ボタンをクリックします。
    送信メール(SMTP)(O) :  25 → 587 へ変更

    img

  7. 「インターネット電子メール設定(POP3)」画面に戻りますので、[次へ]をクリックします。

    img

  8. 「電子メール アカウント」画面に戻りますので、[完了]をクリックします。
    以上でSMTP認証/サブミッションポートの設定は完了です。

    img

All Rights Reserved, Copyright (C) FUJITSU SYSTEMS APPLICATIONS & SUPPORT LIMITED