ウイルスチェックサービスの利用方法


 サービス案内
 設定方法 >>>
 注意事項
 ビジネスパック
 よくある質問 ( FAQ )
 セキュリティ情報

メールサーバ設定について

ウイルスチェックサービスをご利用になるためには、メールソフトの設定(送信メールサーバ、受信メールサーバの設定)が必要です。
※ビジネスパックをご利用のお客様は、送信メールサーバ、受信メールサーバの設定を変更する必要はございません。

ウイルスチェックサービス開始後にサーバ名を変更していない場合、ウイルスチェックが適用されないため、ウイルスに感染したメールを受信する可能性があります。必ず以下のように送受信メールサーバを設定してください。

  ◆メールサーバ設定
送信メールサーバ(smtpサーバ) vsmtp. [サブドメイン] .7-dj.com
受信メールサーバ(pop3サーバ) vpop. [サブドメイン] .7-dj.com
  ◆PostPet等のPOPアカウントの場合
SMTPサーバ vsmtp. [サブドメイン] .7-dj.com
POPアカウント メールID@vpop. [サブドメイン] .7-dj.com

※サブドメイン ( r66 / r20 / r15) はお客様によって異なります。詳しくは こちら をご確認ください。

メール送信について -- SMTP認証とサブミッションポート(587)の利用 --

ウイルスチェックサービスは、2006年5月11日午前7時より「SMTP認証」に対応しましたので、ご利用のメールソフトにおいて「SMTP認証」の設定を行うことで、送信する前に受信する作業が不要となります。
また、SMTP認証と併せて、7-dj.comではサブミッションポート(587)のご利用を推奨しています。 SMTP認証を備えたサブミッションポート(587)をご利用いただくことにより、メール送信時に送信者のアカウント名とパスワードでユーザー認証を行いますので、より信頼性の高いメール送信が可能となります。

なお、下記の場合に当てはまるお客様は、ご使用のメールソフトにおいて、SMTP認証およびサブミッションポートの設定を必ず行ってください。


  • 7-dj.com以外のネットワーク(他プロバイダ、会社LANなど)経由からメール送信を行う場合
  • セキュアID(sbb~から始まるユーザーID)をご利用の場合

SMTP認証とサブミッションポート(587)の設定は、メールソフトにおいて行います。ご使用のメールソフトによっては、SMTP認証に対応していない場合もございますので、あらかじめご了承ください。

*SMTP認証とは・・・
メール送信時に、アカウント名・パスワードで認証を行う仕組みです。詳しくは こちら をご確認ください。

*サブミッションポート(587)とは・・・
メールソフトからのメール送信を受け付けるための専用ポート(Port587)です。 7-dj.comのメールサーバで「サブミッションポート」を利用する場合は、SMTP認証の設定が必要です。

メールソフトの設定方法

ウイルスチェックサービスの設定方法とともにSMTP認証とサブミッションポート(587)を利用する設定方法をメールソフトごとに詳しくご紹介します。

Windows Macintosh
Windows10 メールアプリ Mail 3.0
Windows Live メール2011 Mail 7.x
Windows Live メール2009 Thunderbird 2.0
Windowsメール Thunderbird 3.0
Outlook Express 6.0  
Outlook Express 5.0  
Microsoft Outlook 2010/2013  
Microsoft Outlook 2007  
Microsoft Outlook 2003  
Microsoft Outlook 2002  
Microsoft Outlook 2000  
Thunderbird 3.0  
Thunderbird 38  
Netscape 7.0  
All Rights Reserved, Copyright (C) FUJITSU SYSTEMS APPLICATIONS & SUPPORT LIMITED