会員サポート » FAQ » webメールのよくある質問

Webメールのよくある質問
 

Webメールとはどんなことか教えてください。普通のメールとはどこが違うのですか?
A. Webメールとは、WWWブラウザ(Internet ExplorerやNetscape等)でいつでもどこからでもお客様宛に届いたメールの内容を確認できるサービスです。
通常のメールソフト(Outlook Express等)を使用する場合は、「7-dj.com」の「コネクションID」でインターネット接続していただかないとメールの送受信はできません。また、メールソフトでは送信メールサーバ、受信メールサーバ等の設定が必要です。Webメールはお客様の「メールID」および「メールIDに対するパスワード」の入力と、「受信メールサーバ」の選択で簡単にログインできます。また、通常のメールソフトと同様にメールの送受信やアドレス帳の管理、署名作成の機能もあります。
Webメールを利用するために申込みや登録は必要ですか?
A. いいえ。
Webメールを利用するための申込みや登録は必要ありません。もちろん無料でご利用いただけます。ご利用にあたっては、お客様の「メールID」と「メールIDに対するパスワード」をご用意ください。
7-dj.com会員であれば誰でも使用できますか?
A. いいえ。
ビジネスパックをご契約のお客様は使用いただくことができません。
Webメールをご使用いただけるお客様は以下の条件にあたる方となります。7-dj.com会員の方****@r66.7-dj.com, ****@r20.7-dj.com, ****@infoaomori.ne.jpのメールアドレスを持っている会員が対象となります。(****はお客様のメールIDとなります)
ビジネスパックをご利用のお客様用の「Webメール」は こちら です。
7-dj.comのウイルスチェックサービスを申込みしていますが、使用できますか?
A. はい。
ログイン画面でウイルスチェックサービスをご利用の方はチェックを入れてご使用ください。ただし、Webメールで「送信」を行なった場合はウイルスチェックはされませんので、ご注意ください。
Webメールを利用するために、新しいメールアカウントが発行されるのですか?
A. いいえ。
Webメールでは、新しいメールアカウントが発行されるのではなく、現在の7-dj.comのアドレスでご利用いただけます。7-dj.comのアドレス宛に届いたメールをWWWブラウザ(Internet Explorer等)で確認することができ、また、7-dj.comのアドレスを使用してWWWブラウザからメールを送信することができます。
職場や学校でも使用することができますか?
A. はい。
Webメールは職場や学校から、外出先から、インターネットカフェから様々なインターネットができるところからご使用いただけます。※ご注意ください※インターネットカフェなど、不特定多数の人が利用する場所でWebメールを使用する場合は、次にパソコンを使用する人に、パスワードなどのお客様の個人情報が漏れないようにご注意ください。
携帯電話からWebメールにアクセスして、メールをチェックすることはできますか?
A. いいえ。
携帯電話やPalm等のモバイル端末から、Webメールにアクセスすることはできません。なお、7-dj.comでご利用されているお客様のアドレス宛に届いたメールを携帯電話から確認する方法として、i-modeおよびEZwebの公式サービスに「リモートメール」サービスがあります。ご参考までにご紹介いたします。

リモートメール「rmail.jp」

※メール転送サービスとリモートメールの違いについて
メール転送サービス
7-dj.com(またはInfoAomori)のメールアドレス宛てに届いたメールを、異なるメールアドレスへ
転送すること。
詳しくはこちらをご覧下さい。
リモートメール
他プロバイダから7-dj.com(またはInfoAomori)のメールアドレス宛に届いているお客様のメールを
直接確認することができるサービスのこと。
Webメールと通常のメールソフト、どちらも使用できますか?
A. はい。どちらもご利用いただけます。
使用例として、自宅のパソコンは通常のメールソフト(Outlook Express等)を使用し、学校や職場等でWebメールを使用する、といったケースが可能です。
この場合、どちらでもメールが閲覧できるように、自宅パソコンのメールソフトの設定を「サーバにメッセージのコピーを置く」といった設定にしておきます。
ただし、この状態で使用し続けますと7-dj.comのメールBOX容量は決まっているため(基本10MB、メールID追加5MBまで)過去のメールがたまりつづけるとメールBOXの容量がいっぱいになり、新着メールが受け取れなくなります。(差出人に戻ってしまいます)
このような事態を避けるために、定期的にメールソフトの「サーバにメッセージのコピーを置く」設定を解除しメールを受信していただくか、Webメールの機能でメールの削除(サーバ上からの削除)を行なっていただくことをお勧めいたします。
WebメールはSSLに対応していますか?
A. はい。
2004年6月1日からSSLに対応いたしました。
メールIDに対するパスワードを自分で管理しやすいパスワードに変更することはできますか?
A. はい。
Webメールで使用するパスワードとは、「メールIDに対するパスワード」です。メールIDに対するパスワードは、ホームページ上で変更することができます。パスワードは定期的な変更をお勧めいたします。なお、パスワードを変更した場合は、ご使用のメールソフト等でもパスワードの設定を変更する必要がありますので、ご注意ください。
パスワードを忘れてしまったのですが?
A. メールIDに対するパスワードを忘れてしまった場合は、「アカウント再発行」の手続きが必要となります。
アカウント通知再発行依頼書」に必要事項をご記入の上、当社まで郵送にてお送りください。
※アカウントの再発行に伴い、コネクションIDおよびメールIDのパスワードが変更になります。アカウントの再発行後、新しい「アカウント通知書」をお送りしますので、そちらをご確認の上、パソコンの設定変更をお願いいたします。
Webメールで、メールを誤って削除してしまったのですが?
A. Webメールでメールを削除するということは、サーバ上にあるお客様のメールを直接削除するということになります。
そのため、通常のメールソフトで「サーバにコピーを置く」ような設定にしていたとしても、Webメールで削除を行なった場合、削除したメールは二度と受信することはできません。誤って必要なメールを削除してしまわないよう十分にご注意ください。
Webメールから送信したメールの控えを残したいのですが
A. メール作成画面の「自分宛てに控えをBccで送信」をチェックします。
自分宛てに「Bcc」でメールを送信するので、自分のメールボックスにWebメールで出したメールと同じものが自分のアドレスにも届きます。
Webメールから送信されてきた添付ファイルが開けません
A. Webメールから送信した際、添付ファイル名が日本語ファイル名になっている可能性があります。
日本語ファイル名は使用不可なので、すべて英数文字(アルファベットと数字)を使用したファイル名で送信してください。
HTMLメールやグリーティングメールなどが表示されません
A. Webメールで表示できるメールはメールの送信形式※が「テキスト形式」で作成されたメールのみです。
そのため、「HTML形式」で作成されたメールやお楽しみメールなどのグリーティングメール、アニメーションが表示されるフラッシュメールなどプログラムで作成されたメール等は、文章や画像、アニメーションが表示さない場合があります。このようなメールは通常のメールソフトで受信してお楽しみいただきますようお願いします。

※メールの送信形式とは?
電子メールの形式にはいくつかの種類があります。
・「テキスト形式」とは
文字通り、テキスト(文字)のみで構成されたメールで、メールという通信手段で伝えたいことを
言葉のみで伝えるための手段です。
・「HTML形式」とは
文字の修飾や色、画像の貼り付けなどが可能なメールの形式で、メールを楽しく演出することが
可能です。
ただしHTMLメールは「相手がHTMLメールを読める環境」でないと読むことができないため、
環境によっては読むことができない場合があります。
※「メールの送信形式」についてはご使用メールソフトの「ヘルプ」等をご参照ください。
All Rights Reserved, Copyright (C) FUJITSU SYSTEMS APPLICATIONS & SUPPORT LIMITED