マイクロソフト社では、「Windows 2000」及び「Windows XP Service Pack 2」のサポートを2010年7月13日(米国時間)に終了しました。

これにより、マイクロソフト社からセキュリティ更新プログラムが提供されなくなります。
そのため、Winodws2000及びWindows XP SP2の脆弱性が発見されても更新されず、セキュリティ上のリスクが高い危険な状態となってしまいます。

つきましては、速やかにWindowsをアップデート(更新プログラムのインストール)または、最新OSへ買い替えされることをおすすめします。SP3へのアップデートや最新OSに移行することで、引き続きマイクロソフト社のサポートを受けることができます。

アップデートの手順については下記のページをご覧ください。

 →Microsoft Update 利用の手順


サポート終了後の危険性については下記のページをご覧ください。

 →情報処理推進機構(IPA)からの7月の呼びかけ