マイクロソフト社から、Windowsについて重大なセキュリティホールがあることが報告されています。
Windows製品をご利用の方は早急にMicrosort Updateを実行し、更新プログラムをインストールすることをお勧め致します。

■セキュリティホールの概要
 MS08-030 : Windows の重要な更新
 Bluetooth スタックの脆弱性により、リモートでコードが実行される (951376)

 MS08-031 : Internet Explorer の重要な更新
 Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (950759)
 
 MS08-032 : Windows の重要な更新
 ActiveX の Kill Bit の累積的なセキュリティ更新プログラム (950760)

 MS08-033 : Windows の重要な更新
 DirectX の脆弱性により、リモートでコードが実行される (951698)

 MS08-034 : Windows の重要な更新
 WINS の脆弱性により、特権が昇格される (948745)

 MS08-035 : Windows の重要な更新
 Active Directory の脆弱性により、サービス拒否が起こる (953235)

 MS08-036 : Windows の重要な更新
 Pragmatic General Multicast (PGM) の脆弱性により、サービス拒否が起こる (950762)

 詳しくは、 2008年6月のセキュリティ情報をご確認ください。